人気ブログランキング |
宮永岳彦記念美術館
宮永氏の「デザインの軌跡」展に行ってきました。
お名前だけだと「??誰?」な方も
このイラストを見ると「あぁ!」とお判りになるのでは?(パンフより)
e0114588_13111087.jpg

「ぺんてるくれよん」のパッケージイラスト~懐かしいっ!
男の子が「ぺぺ」女の子が「るる」って名前だそうです、へぇ~。
小田急線鶴巻温泉駅徒歩2分です。
e0114588_13133359.jpg

お昼は駅前の立ち食いそばでキマリですね。
e0114588_13142536.jpg

改札出てすぐに↑のような案内板があるので方向音痴の私でも大丈夫です。
e0114588_13163429.jpg

市営日帰り温泉「弘法の里湯」の敷地内です。
日帰り温泉は興味ないのでパスして美術館だけ行きました。
左側の建物です。(奥はどこかのマンション)
「弘法の里湯」の半券を持っていると美術館へは100円引きで入館できます。
e0114588_1321457.jpg
e0114588_1321579.jpg
e0114588_13221148.jpg

館内は撮影禁止なのでパンフレットからですが
e0114588_13224879.jpg

こんな昔の箱根フリーパスのポスターとか
ロマンスカーSEが描いてあるポスターとか
小田急ファンには嬉しかったりして♪
ANAが全日本空輸と呼ばれていた頃のポスターには
YS-11?と思われる飛行機のイラストとか、どこかで見たことあるポスターなど
とても小さな美術館ですがすてきでした(>▽<)
レトロでモダンで、優しいタッチに癒されます。

宮永氏は秦野市に自宅とアトリエをお持ちだったそうです。
へぇ~あの有名なイラストを書いた人が・・・なんて思いました。

******
秦野市立 宮永岳彦記念美術館

神奈川県秦野市鶴巻北3-1-2
毎週月・年末年始は休館
大人300円(「弘法の里湯」半券で200円) 高校生以下無料
開館時間:10~19時
by pontanomimi | 2007-11-23 13:40 | おでかけ | Comments(4)
Commented by む~さん at 2007-11-24 00:05 x
鶴巻温泉駅近くの美術館はこじんまりしていて好感持てますね。宮永岳彦画伯の美人画は実に素敵。昔、駅で小田急沿線の観光ポスターをよく見掛けたものです。
『ぺんてるくれよん』の男の子、女の子は、たしか『現役』じゃあなかったでしょうか。文具店で見たような気がする。思い違いかもしれませんが・・・・。
美術館の先の方にある『陣屋』でランチタイムの食事をしたこともあります。
残念ながら、温泉は未体験なんです。
Commented by sonic at 2007-11-24 01:05 x
くれよんの子たちには名前があったんですねー。
今でも使ってます。
写真下の子たちの絵のパッケージです。
Commented by pontanomimi at 2007-11-24 19:45
む~さん様
「ぺんてるくれよん」は現役です。
決定稿前の線画とかとても綺麗でした。
このあたりはマンションが増えましたね!
でもとても静かな町でした。
Commented by pontanomimi at 2007-11-24 19:48
sonic様
私も名前まであるとは思いませんでした。
うちにもこのくれよん、まだあります。
24色です。久々に出しましたが、改めて見ると美しい色合いですね。
<< アンドリアン 明治 リッチ抹茶チョコレート >>