箱根登山鉄道 塔ノ沢駅
箱根湯本から一つ目なのに山深いカンジが味わえます。
e0114588_2013248.jpg

駅舎だけは新しいんですが無人駅です。
トンネルとトンネルの間にホームがあります。
e0114588_2014725.jpg

↑ 強羅方向
e0114588_20145184.jpg

↑ 箱根湯本方向
登山鉄道は単線です。
e0114588_20174138.jpg

強羅方向には出山鉄橋・スイッチバックが控えているので
この塔ノ沢で上下線がランデブー♪
上り(箱根湯本方面)ホームには
e0114588_20185145.jpg

深沢銭洗弁天様と
e0114588_20193951.jpg

火伏観音様がいらっしゃいます。
何年も登山電車を利用してて
はじめてお参りさせていただきました。
e0114588_20225581.jpg

近くを流れる早川の音だけが聞こえる静かな駅です。
[PR]
by pontanomimi | 2007-12-09 20:23 | 鉄道 | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://pontanikki.exblog.jp/tb/6917781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by む~さん at 2007-12-10 08:58 x
塔ノ沢駅は一度は降りて見たいと思いつつ、毎度、通過。こんどは、降りてみましょう。強羅向きの中にポイントのある一見複線のトンネルが何時似ても素敵です。
 駅名標に何時の間にか『Odakyu』の文字が、しっかり入ってますね。
Commented by koneko2y at 2007-12-10 15:39
箱根、何年も行っていないです。
テレビで紫陽花のライトアップなどが映し出されるたびに
行きたい行きたいと思いながら、時が立つのそれも薄らいでしまって。
そのうち、行けるかな・・・。
Commented by pontanomimi at 2007-12-10 16:45
む~さん様
強羅方向のトンネルは本当にステキでしたよ♪
古いレンガだったり冷たい風が吹いてきたり~。
ただ暗くなるとちょっと怖い駅かもしれないですね(笑)
「Odakyu」ですよ~安泰の反面サミシイような。
Commented by pontanomimi at 2007-12-10 16:48
koneko様
アジサイは有名ですよね。
混んでますけど、アジサイの季節から夏がオススメかなと思います。
この時期沿線ではアジサイの手入れが時々見られますよ。
Commented by のり at 2007-12-12 21:24 x
箱根登山鉄道も、ぜひ一度は訪れたい鉄道です。本格的な登山鉄道として、大変魅力的です。いいなぁ・・・・・・・
Commented by pontanomimi at 2007-12-13 15:01
のり様
是非! 夏に!
混んでますけど涼しいですし、温泉あるし花はきれいだしイベントも多いです。東京からも近いです。
フリーパスで多彩な乗り物に乗り放題ですよ。
Commented by HIRO at 2007-12-16 10:29 x
わっ、素晴らしい塔ノ沢駅、思わず言いたくなりました。箱根登山鉄道、何回も乗っていながらゆっくり降りたことなく、カメラもそういうときに限って持っておらず、それだけにこの駅の情景ぐっと来てしまいます。

沿線駅の最初の駅で上りも下りも急勾配でそれちょっと見るだけで体が震えてくるような感じです。
このレッドカラー、スイスの登山鉄道と提携しただけあって、古いトンネルとともにスイスの景色ですね。
電車はもしかしてベルニナ号でしょうか
Commented by pontanomimi at 2007-12-16 17:00
HIRO様
ぜひ塔ノ沢駅に降りてみてください。
信じられないくらい静かな駅です。
トンネルもステキですよ~。
ただ一人ぼっちになっちゃう確率高いですので、寂しがり屋さんは要注意です。
Commented by HIRO at 2007-12-16 20:18 x
一人でゆっくり初冬の塔の沢駅にたたずんで、想いにふけってるとそこへ初恋の女の子がといっても高齢者なんで(笑)小説かいてるのでそんなこと勝手に想像して、

寂しがり屋なので親しい友人と行きたいですね。一人でもゆくっくり一日乗車券で登山鉄道乗り歩きしてそこから何かを探したいほど、この鉄道はロマンチックです。
ありがとうございました
Commented by pontanomimi at 2007-12-17 16:33
HIRO様
恋愛小説もいいですがサスペンスも捨てがたいですよ~(笑)
ロマンチックなHIRO様には温かいハッピーエンドがお似合いでしょうね。
Commented by HIRO at 2007-12-20 11:45 x
あたたかいコメントありがとうございます。鉄道のサスペンス小説、西村京太郎の列車シーズ読んだりしました。鉄道独特の描写とふさわしいサスペンス。
箱根登山鉄道は沿線歩きながらサスペンス小説書いても面白いとも思いますね、そういう秘められた場所もありますしね。
事件が登山鉄道の中で起きて、それを追求する探偵、警察など、
「箱根登山鉄道殺人事件」(笑)
こうして考えると見方が変わってこの鉄道なかなか面白いですね。
ありがとうございました。
Commented by pontanomimi at 2007-12-21 15:38
HIRO様
余計な事言ってすみません。
どちらかというと恋愛小説はちょっと苦手だったので。
小説頑張ってくださいね。
Commented by HIRO at 2007-12-22 00:54 x
気になさらなくてください。ぽんたさまのコメントでいろいろ想像性がふくらんで楽しいです。
箱根登山鉄道沿線一駅ずつ乗り歩きしながら、恋愛物、サスペンス物二つずつ考えて舞台設定をして下手な小説書いて見たいですよ。
でも、ドラマ見るのも小説書くのも読むのも去年あたりからで、それまでは鉄道、PC以外趣味のない人でした。
最近はJR、私鉄、地下鉄に乗り、東京を歩きながら登場人物、ヒロイン、せりふを考えながら物語を組み立てるこれって楽しいです。篠原涼子、菅野美穂のドラマは最近ほとんど見てせりふ研究したりしているのですよ。
Commented by pontanomimi at 2007-12-22 20:35
HIRO様
小説のネタやアイデアは、ふっと急に沸いてきたりしますよね。
その場でメモできない場合が多いので、大変ですよね。
頑張ってくださいね。
Commented by HIRO at 2007-12-24 10:57 x
励ましのコメントありがとうございます。
最近完成した「意表」は大船から虎ノ門に通う響子(外資系人材ハケン会社)と重信(ケータイ通信会社)がひょんなことで電車で知り合い、付き合っているうちに重信が響子を台場にデートに誘い、二人はそこで愛していることを知るのですが、響子の叔父から重信のリストラ頼まれて、重信はそうとは知らずに、左遷で三重工場に赴任する新幹線の中で、響子は・・・・という意表がおきます。

それで横須賀線、ユリカモメに実際乗って、景色を眺め、二人にとって台場のどこが最高になるか実際歩いてせりふまで考えました。

小説、シナリオはやっぱり実際に現地の舞台を決めて、電車に乗り、歩きそこでノートに書いたりして、家で作るとすごい現実的になってきますね。

そこで箱根登山鉄道は行って乗って恋愛、ミステリー書きたいのですが、ミステリー西村京太郎の鉄道シリーズとか読んでて論理の構築がすごすぎです。ひとつ間違っても話が崩れますし、単純な甘いほうを書いてしまいます
ロマンチックが好きなので今まですべて純愛、男の友情物です。
励ましていただき、これからもがんばりま~す。
<< 箱根強羅公園 強羅駅 >>